選ぶことの楽しさへの渇望感


殆ど毎週末、2人でスーパーに行きます。

入り口からレジまでのルートはいつも決まっています。
毎回かごに入れる物もほぼ同じ。



日本から友達が遊びに来た時
一緒にスーパーに行くと
皆、「いいな~!素敵!羨ましい~!」と言います。

私も他の国に行くと
スーパーがとても面白く感じるので
その気持ちがよくわかります。



でも、いつも行くスーパーって
あまり面白く感じません。

買いたいな、と思う物が殆どないからです。

いつもと同じものをかごに入れ、
でも何だか物足りなくて
もう1周してみようか、と2周しても
かごの中身は増えません。



日本のスーパーはもっとワクワクするのに
どうしてかな、と不思議。

野菜やお魚の種類が豊富だし、
次々と新製品がでるし、
お惣菜やスイーツなどが充実しているからかもしれません。

ちなみにいつも行くスーパーは
ずーーーーーーーーーーーーーーっと
売っている物が同じです。

そっか、
買いたいと思う物がない、というよりも
選ぶ楽しさが乏しいんだ、と気付きました。



楽と言えば楽です。
でもちょっと(かなり)つまらない。

足るを知る人になりたいと思うのですが
日本のスーパーが近くに欲しいと思ってしまいます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by maj24 | 2014-02-25 06:59 | その他
<< 捨てない、買わない 壁掛け時計のない暮らし >>