「あした死ぬかもよ?」


知り合いもいない街で数週間も何をして過ごしているの?とよく聞かれるのですが、本が大好きなのでよく本屋に行っています。

ありがたいことに大型の本屋が沢山あるので全然飽きません。



いつもは本もネットで購入するのですが、今回は本屋で読みたいと感じた本を購入しています。

これまでは、読みたいと思ってもハードカバーの本は重いので、文庫になるまで我慢していました。

でも今回は本を読む時間もたっぷりあるので、ハードカバーの本でも構わず買っています。

買った本は滞在中に読み終え、日本を発つ前にブックオフに持っていこうと思っています。






これは買った本ではなく、さらっと立ち読みをしただけですが・・・いい内容でした。




あの世には物もお金も持っていけませんが、この世での夢や希望や予定なども死と同時に自分から切り離されてしまいます。

自分にも自分の大事な人たちにも必ず訪れる 「死」。

頭では理解していても、何か大きなきっかけがない限り、多くの人は死と真剣に向き合うことを先延ばししがちです。

物のように目には見えないものですが、断捨離で物と向き合う時のように真剣に向き合うことにより、自分の行動の取捨選択ができるように思います。

死と向き合うなんて怖そうだし、そして時には苦しそうだけど、必ず訪れる死そして今生きていることの有り難さについて考えようと思いました。





今日はひとりバイキングランチでした。


c0294253_19412384.jpg


おひとりさまは私だけかな・・・と思ったらもう1人いました。

嬉しかったです(笑)





にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by maj24 | 2013-07-30 19:53 | その他
<< いろいろな旅のかたち 様々な300円の価値 >>