フレンチプレスのコーヒーメーカー


週末に買ったフレンチプレスのコーヒーメーカーを使い始めました。

ペーパーフィルターを買う必要がなくなったのは嬉しいですが

後片付けが若干面倒になりました。

でも苦になる程ではありません。



フレンチプレスでの珈琲の淹れ方です。

蓋を取り珈琲豆をポットに入れます。

豆は粗挽きが良いそうです。

c0294253_1303783.jpg






お湯を注ぎ軽く混ぜ、蓋を乗せます。

c0294253_1313992.jpg






4分くらい経ったら棒を押し下げます。

これで出来上がりです。

c0294253_1315771.jpg






問題はこのポットの底に残った豆の処理、

そして蓋の金具部分の洗浄です。

c0294253_132113.jpg


金具部分には珈琲豆の粉が挟まるので、洗い流して綺麗にします。

綺麗にしておかないと臭いが残るそうです。

底に残った豆は、三角コーナーのネットなどに洗い流すといいそうです。

(目の粗いネットだと流れてしまうので注意が必要です)

私はネットを使用していないので、茶こしで受け捨てています。



フレンチプレスで淹れた珈琲は、

ドリッパーで淹れたものと若干味が違います。

味のわかる人はコクがあるとか雑味があるとか分るようですが、

私はどう違うのかまでは表現できませんが、確かに違います。

そして少し粉っぽいです。

マグカップの底には、ココアを飲み終わった時のように

粉が少し残ります。

私は気になりませんが、気になる人は苦手なようです。



このフレンチプレスのポットを他のお茶にも使えないかと

思ったのですが、珈琲豆からの油が付着しやすいので、

他のお茶にも油が浮く可能性があるそうです。

私は既に茶こしを共有しているので、

紅茶や日本茶を漉した時に油が浮きそうです。

でもちゃんと洗えば大丈夫だと気楽に考えています。



私の持っていたドリッパーは少し大きかったので

ティーポットにも普通サイズのマグカップにも乗りませんでした。

大きなマグを手放したかったこともあり買い替えを考えたのですが、

フレンチプレスではなく小さなドリッパーを買うという手もあったな、と

今頃気が付きました・・・。

でもペーパーフィルターがいらなくなったので良しとします。





これがあればティーポットもいらないかな、と思った時期もありますが、

お茶の葉は自由に泳がせたい(?)のでポットに戻りました。

c0294253_2101228.jpg


これは今、小麦粉や粉砂糖などを薄くまぶす時に使っています。

粉をぱかっと挟んで取れるので便利です。





にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
[PR]
by maj24 | 2013-06-04 02:27 | その他
<< 悪しき習慣を断捨離 スーツケースを捨てます >>