引越し


親元を離れてから、何回引越しをしたかを数えてみました。

13回でした。

物を沢山持っての引越しも

物を沢山処分しての引越しもありました。

一番荷物の少ない引っ越しの時は

スーツケース1つ、そしてダンボール箱1箱でした。

物もいろんな気持ちもさっぱりと整理して

本当にすがすがしい引越しでした。



一番情けない引越しは、日本から出る時の引越しでした。

もう買えなくなるかもしれないから、

もしかしたら使うかもしれないから、

これが懐かしくなるかもしれないから、

いつかまた働くかもしれないから、

時間が余るかもしれないから、

これをやりたくなるかもしれないから、

そんなこんなで、スーツケース2つと

ダンボール箱大小合わせて10箱の引越しとなったのです。

これは私ひとりの荷物です。

オオクラさんはオオクラさんで沢山ダンボール箱を送りました。

日本には何も残さないつもりでしたが、

3冊程どうしても処分できない本があり、実家に預けました。

あの時日本から送った物のうち

今も手元に残っているのはスーツケース1個分くらいです。

でも一時帰国する度に

また引越しの時と同じような気持ちが湧きあがり

沢山買い物をしてしまいます。



いろんな気持ちが私と物との関係を邪魔しています。

あのすがすがしい引越しの時のような

さぁ今の私に何が必要?と

それだけを見つめる自分を取り戻したいです。
[PR]
by maj24 | 2013-05-02 08:03 | 引越し時の話
<< 入居前会議 はじめまして >>